長谷村工房

オートバイ等の作業備忘録、兼日記。

大洗キャンプ場でクリスマス(の三日前に)キャンプ

金曜日にお休みが取れたので、金曜から土曜とキャンプをしようと画策しました。
場所はいつものふもとっぱら。さて、注目のお天気は?

 

……ふもとっぱらは雪予報だそうです。

fumotoppara.blogspot.com

 

富士山周辺の予報を見ても、雪ではないにしろ降水確率60%くらいと超微妙。これは大丈夫だろうと現地に行ったら降る流れ。確率は悪い方に傾くスパロボ理論。
降りそうなのは土曜日の午前中だけのようですけども、むしろ撤収中に降られる方が厄介です。
可能な限り乾かしてから収納したいので、撤収前に乾いてくれるならそれまでは濡れていても我慢できます。程度にもよりますが。


仕方ないので他の場所を探しましょう……と言って見つけたのが大洗キャンプ場
大洗と言えば、鷲宮神社と並ぶ約束された勝利の聖地です。最終章の続き早う。完結まで何年掛けるのでしょうか。サグラダファミリアかな?


さて。
ここは以前も候補に挙がったことはありましたが、その時は諸事情により結局行きませんでした。予約も不要ですし、埼玉県からならとてもお手軽な距離。そして降水確率10%。これは行くしかない。


と言う訳で出発。

 


到着&設営完了。

f:id:hasemura:20181223195627j:plain

 


一息ついたら丁度昼時だったので、昼ご飯ついでに買い出し。
昼ご飯は海沿いの店でしらす丼とあん肝。おいしい。

f:id:hasemura:20181223195655j:plain

f:id:hasemura:20181223195715j:plain


買い出しはキャンプ場の隣にあるスーパー。当然のごとくガルパン押し。

f:id:hasemura:20181223195729j:plain

 


キャンプ場に帰ってきてから明るいうちから酒を飲むというダメ人間の象徴のような行動をしていると、おもむろに猫が足の上に載ってきた。なにこれ凄いサービス。猫カフェの次は猫付きキャンプ場……?流行りそう。

f:id:hasemura:20181223195811j:plain

 


一時間くらいしても猫が足の上から移動する気配を微塵も見せないので、そっとどいてもらうことにする。おっちゃんトイレ行きたいんよ。
トイレから戻ってくると、猫は他の人の元に移ったようで一安心。取り敢えずおやつでも食べましょうかね。

 


おやつはスーパーで買ってきた肉まん。普通ならレンチンするか蒸し器で蒸すわけですが、当然そんなものは無いです。なので適当にフライパンで蒸しましょう。
やり方は簡単です。真ん中に肉まんを置いて、適当に水を振り掛けます。後は蓋をして、中火から弱火で15分くらい放置します。水が蒸発して無くなったら、適宜足してください。

f:id:hasemura:20181223195905j:plain


本当は焼き豚まんにする予定でしたが、バターを買い忘れました。普通に油で焼いてもよさそうですが、油も無いです。買いに行くもの面倒なので、普通に食べました。おいしい。


夜が更けてきたらテントに引きこもります。今日の晩御飯はお好み焼きです。混ぜる、焼くのツーステップで完了の素敵料理。

f:id:hasemura:20181223200004j:plain


本来ならキャベツを刻む必要がありますが、面倒なのでサラダコーナーにある千切りキャベツを使います。みじん切り派は頑張ってください。チョップドサラダが売っていればワンチャン。
今回の具材はシーフードミックス。こちらもカット済みで混ぜるだけという利便性を重視しました。どうせならめんたいパークで明太子を買ってきても良かったかもしれません。ちょっともったいない様な気もしますけど。


ともかくも混ぜて

f:id:hasemura:20181223200033j:plain


焼いて

f:id:hasemura:20181223200046j:plain


完成。おいしい。

f:id:hasemura:20181223200112j:plain


ちびりちびりとウイスキーを舐めつつ食べていましたが、二枚で程々に満腹。具材が余ってしまうので作ってしまえと更に二枚焼きましたが、一枚食べてギブ。残りは次の日の朝食に回されました。
ちなみに翌朝の焼いてしまったお好み焼きの再加熱も、肉まんと同様の方法で行いました。お好み焼きの触感が「ふっくら」から「ずっしり」に変わりましたが、これはこれで良いと思います。


お腹が苦しいので、21時には早々と就寝。
そして夜中に目覚めると、驚きの光景が。


めっちゃ雨が降ってます。
なんなん君?降らないって言うからこっちに来たの!こっちも降るって分かってたら普通にふもとっぱらに行ってるの!気象庁の馬鹿!もう知らない!

 

と、駄々を捏ねても雨はやまないので、そのまま日が昇るまでふて寝しました。

 


翌朝。雨は無事にやんだようです。


ちゃちゃっと朝食のお好み焼きを食べて、撤収準備。
林間キャンプ場の長所でもあり欠点でもある木陰のおかげでテントは全く乾かなそうなので、畳まずにビニール袋に丸めて詰めてしまいます。帰ってからどうにかしましょう。


九時には片付け終わり、途中で大洗磯前神社を詣でつつ帰宅しました。

f:id:hasemura:20181223200229j:plain

f:id:hasemura:20181223200240j:plain

 

 

以下、大洗キャンプ場の感想まとめ


良い所
・アクセスしやすい環境。


・隣にスーパー、五分も歩けばコンビニ。ホムセンも車が有れば余裕です。


・綺麗なトイレ(重要)。


・予約不要のフリーサイト。かなり広いです。

f:id:hasemura:20181223200347j:plain


・12月でも大して寒くない気温(体感には個人差があります)。
ふもとっぱらを想定していたので、上半身のインナーにモンベルのジオライン厚手、下半身のインナーはゴールドウィンの光電子・超厚手の重装備。日が暮れてもフリースを一枚羽織れば大丈夫でした。


・猫。
もふれます。

 

 

残念な所
・街中なので、夜でもそれなりに音がすること。
「ソロキャンをする時はね 誰にも邪魔されず自由で なんというか 救われてなきゃあダメなんだ 独りで静かで豊かで……」というときは向かないと思います。
私はソロキャンの時は出来るだけ静かで、他の人がいても凄い遠くと言うのが理想です。ですがトイレは綺麗な方が良いので、過疎りすぎていても困るジレンマ。


・トイレは管理棟の付近の一つだけなので、離れたところに陣取ると不便。
仮設トイレもあるようですが、私が訪れたときは利用できないとのことでした。


・地面が固めた砂のような地質なので、簡単にペグが刺さる反面、簡単に抜ける。
私のティピーテントで18cmペグを使用したら、立てた瞬間にすっぽ抜けました。28cmなら問題なしでした。

f:id:hasemura:20181223200503j:plain


・濡れるとテントやグランドシートに砂がたくさん付く。
個人的には芝の方が汚れを落とすのが楽で好きです。

 

 

概ねこんな感じです。
キャンプを始めて間もない人、皆とわいわいグルキャンしたい人にはお勧めです。


今シーズンも始まったばかり。
残念なことに仕事が忙しいのでそんなには行けませんが、1月にはまた行きたいと思っています。

 

 

そういえば今回も本を読んでいました。読んでいたのは羆嵐です。
この本は熊の獣害としては日本最悪の被害を出した「三毛別羆事件」を元にした小説です。
開拓時代の冬の北海道。貧しい土地を懸命に切り開き、隙間風が吹きこむ草囲いの家で冬を耐え忍ぶ村に、一頭の羆が襲い掛かります。
羆は人の味と弱さを覚えます。すると人の使う火を恐れなくなり、大きな音を出してもむしろ積極的に襲うようになります。
恐ろしい獣に変じてしまった羆に、人はどう立ち向かうのか……。
そんな話です。

 

少なくとも、冬のキャンプ場で読む内容では無いなと、読み終わってから思いました。

 

それでは。

キャンプシーズン 始まりました

キャンプの季節がやってきました。

f:id:hasemura:20181015220018j:plain


日中は外にいるだけで汗をかく気温では無いですし、寝るときは程々の寝袋で問題なく寝れる。虫の数もだいぶ減ります。
個人的にはキャンプを始めるにあたって、一番よい季節だと思います。


春も良いのですが、毛虫・芋虫がいるのが私としてはキッツイです。

f:id:hasemura:20181015215940j:plain

(個人的おすすめ漫画、「まったく最近の探偵ときたら」より)

 

虫が一匹でも許せない人はもう真冬しかないです。しかも伊豆とかの「冬でも程々温暖な気候」と言うところはアウトです。そういったところには真冬でもいますので。
冬キャンプとなると装備にはきちんとしたものを揃えないと冗談抜きで危険ですし、楽しみ方も暖かい時期とは大きく変わります。お好みで選びましょう。

 

 

さて。
今回は10月6日~7日にかけて、長野県にある「戸隠キャンプ場」に行ってきました。

f:id:hasemura:20181015220846j:plain


有名なキャンプ場だそうですが、私は始めての利用になります。
調べた感じでは評判が良かったのでちょっと期待値が高かったのですが、これがバッチリ当たりです。とても良いキャンプ場でした。


以下、(いつも通り)殆ど写真の無い感想です。

 

 

・施設がとっても充実
戸隠キャンプ場は所謂「高規格キャンプ場」に当たるかと思います。
綺麗な設備、充実した売店やレンタル用品、家族で楽しめる牧場などの施設。手ぶらで来ても楽しめるキャンプ場という奴です。
既にキャンプ道具が一通りどころか二通り位そろっている私や諸兄らは、あまり利用を考えない部類の施設かもしれません。特にソロキャン勢。


しかし設備が綺麗なのは、何物にも代えがたい魅力があります。
戸隠キャンプ場は、私的にはバッチリ合格です。


綺麗な水洗トイレ。ちゃんと手洗い洗剤もあります。複数個所あるので、おなかの調子が急降下しない限りは大丈夫だと思います。

f:id:hasemura:20181015220228j:plain


流し場も綺麗でした。こちらにも手洗い洗剤がありました。食器用洗剤は無かったので、各自で準備しましょう。トイレよりも更に数があるので、困ることは無いと思います。

f:id:hasemura:20181015220247j:plain


ゴミ捨て場もあります。

f:id:hasemura:20181015220257j:plain

 

 

・値段が比較的安い
私の利用料は¥3000でした。内訳は、フリーサイトで車一台¥1000、テント一張¥2000です。
この料金が高いか安いかは人によりますが、とある別の高規格キャンプ場では同じ時期でも¥7000程します。それを思えば、とても良心的だと思えます。


こちらのキャンプ場は各施設が充実していますが、基本設備以外は利用しなければ料金がかからない方式です。
キャンプ場によっては「利用料自体が高いけど、場内施設はすべて無料で利用可能!」という所もありますから、利用する施設によって選ぶのも大事です。
先ほど挙げた¥7000の料金もソロだとかなり高額になりますが、5人までは料金は変わりません。そのため、そこまで高額と言う訳ではないことになります。


更にテントや車の数が増えた時の追加料金や、タープなども別料金の場合があります。
戸隠キャンプ場はテントや車の数などでそれぞれ料金が追加されるので、「一部の施設しか使っていないのに料金が高い」という感じはしないと思います。

 

 

・フリーサイトは予約不要で利用できる
最近の主流は予約制の区画サイトだと思います。
予約すれば場所取りの為に朝早く出る必要も無いですし、区画があれば不心得者な隣人が領土侵犯を行った場合にも抗議しやすくなるでしょう。
しかし私の様に「天気が良ければ行く」みたいな時は予約は足枷になりますし、区画サイトで家族キャンパーに囲まれて過ごすソロキャンプは何とも言えないわびしさがあります。


「キャンプをする時はね、誰にも邪魔されず、自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで……」という「孤独のキャンプ」を信条とする場合は、フリーサイトが最も適していると私は考えます。
そしてフリーサイトはキッチリとサイトが区切られていないため、予約不要で利用できるところが多いです。とは言え利用者数に限度はあるので、混雑時は入れないときがありますが。


それでも思い立った時に直ぐに行けるキャンプ場は、有難いものです。
ただし良い場所は早い者勝ちなので、フリーサイトに行くなら早起き推奨です。

 

 

・高原なので秋口は寒そう
世間一般のイメージとして、キャンプは夏が最盛期です。なので寒い所になればなるほど人は少なくなるのでは?と思います。夏の避暑キャンプは別として。


次に私の嫌いな虫ですが、これも夏が最盛期です。更に夏でも気温が低い地域では、虫のサイズが小さくなる傾向にあると思います。服に蜘蛛の一匹でも付いた時には、デカい奴が付いた時と米粒サイズが付いた時での心理的ダメージは大きく異なります。


私としては暑い時に冷たいものを食べたり飲んだりするより、寒い時に暖かいものを飲食するほうが好きです。キャンプ的にその方が手軽にできるというのもあります。水を沸かすのはバーナーがあれば簡単ですが、冷やすのは難しいですから。


これらの理由から、私は程々に寒いキャンプ場が好みです。


……が、この日は台風の影響か、全国的に夏日になるという素敵な陽気。日中は半袖で余裕でした。
しかし夜になると様子は一変。気温はグッと下がり、風も強くなったおかげで薄手の長袖では寒いくらい。


私は秘密結社ブランケットに入団しました。

f:id:hasemura:20181015220515j:plain

(一部のキャンパーにはおなじみ、「ゆるキャン△」より)


気温の下がる屋外で動かずにジッとしている訳ですから、十分に防寒対策をしましょう。そうすればこの時期のキャンプの楽しみが増えると思います。

 

 


概ねこんな感じで、私としてはとても好印象です。


残念ながらこちらのキャンプ場は4月下旬から10月下旬までが利用期間です。なので私は年内の利用は出来ませんが、来年はまた同じ時期に行きたいと思えるところでした。


今回のキャンプで残念なところ、というか失敗したなと思う所と言えば、事前の買い物が思うようにいかなかったことです。
利用したお店が小規模の所でしたので、欲しいものが入手できませんでした。そして私は臨機応変に対応できるような調理スキルは持ち合わせていない。
結果としては、一部のメニューは諦めました。
早く到着しようと焦るあまり、他の店に寄らなかったのも敗因の一つでした。
次はもっと心にゆとりをもって行きたいものです。

 

もう一つはチェックアウトが10時なのが、ちょっと早いかなと言う所です。
この時間だと、朝はあまりのんびりはしていられません。
しかしフリーサイトはチェックインが8時半からなので、多少早いのは仕方ないと思います。
10時と言うのも特別早い訳ではないですし。

 

さて。私の感想は概ねこんな感じです。
各自のキャンプスタイルで気に入るキャンプ場は様々ですが、ここは幅広い層に気に入られるところだと思います。
北信へキャンプをしに行くときは、候補に加えてはいかがでしょうか。

 

それでは、また。

夏のモトクロス

モトスポーツランドしどきに走りに行ってきました。

f:id:hasemura:20180723211139j:plain


夏真っ盛りに屋外での運動は避けたいところです。なので本来は梅雨の晴れ間を狙っていくつもりでしたが、晴れなかったり、用事が有ったり、予想外に梅雨が早く開けてしまったり。
まごついている間にここまで季節が来てしまいました。


オフロードに限らず、サーキットは基本的に屋外を走るものです。車両を止めておくピットも屋外です。良い所では屋根があり、無料で利用できるコンセントがあれば神設備レベルです。
そんな環境ですので、本気度の高い人たちは発電機を持ち込んで扇風機などを利用している光景がよく見られます。
私はそこまで本気になれないので、神設備の方を求めていくのです。

 


そう、選ばれたのは「しどき」でした。

 


しどきもピットは屋根なしの屋外ですが、エアコンとコンセント完備の休憩室があるのです。水道と電子レンジまであるので、もはや「神を超えたなにか」というレベル。
収容人数に限りがあるので、しっかり陣地確保をしましょう。
仮に取れなかったとしても関東よりは多少は気温が低いので、猛暑日の関東の屋外で自然の風を頼りに休むより多少はマシです。

 


さて、前置きはこの位にしておきましょう。


到着して走行準備をしますが、既に汗はかいています。今日は一人で走りに来たので、熱中症にでもなったら帰れなくなります。水分補給はしっかりと。
今日の路面はカラカラです。主な走行ラインの砂は既に脇に弾き飛ばされていて、踏み固められた路面になっていますね。

f:id:hasemura:20180723211158j:plain


こうなるとタイヤが滑りやすいですが、マディの滑りやすさよりもコントロールしやすいので楽しいです。
ある程度走ったら休憩します。止まると汗が吹き出します。気分はスピードワゴンです。
水分補給をしながら、汗が引くまで休んで、落ち着いたら再び走行。


持ってきた飲み物が瞬く間に減っていきますが、多めに持ってきたから今日一日は大丈夫でしょう。
暑いせいかコースも空いていますし、たくさん走れそうです。よーし、がんばるぞー。

 

 

 

 

 

 

 

 


約4時間で飲み物の残りが1Lになりました。
ちなみに持ってきたのは5Lです。単純計算で1時間あたりに1L減りました。こわい。

f:id:hasemura:20180723211244j:plain


ちょくちょくトイレにもいっているので飲み過ぎなのかもしれません。しかしギリギリの綱渡りをするつもりはないので、個人的にはトイレに行くくらい飲んでおいた方が良いと思います。


10時くらいに走り出して、この時点での時刻は14時。いつもならまだ走る時間ですが、水分がなくなっては続けることは不可能です。早めに撤収することにします。
帰宅に3時間ほどかかりますし、良い頃合いかもしれません。この日はこれで終了です。


皆さんも夏に走りに行くときは多めに水分を持っていきましょう。水分は足りないよりも余る方がマシです。

 

 


さて、翌日は洗濯です。

f:id:hasemura:20180723211337j:plain


洗えるウェアは洗濯機にどーん。
洗えないプロテクターは消臭剤でごまかします。


臭いが気になるヘルメットも、なるべく綺麗にしておきたいところです。去年は1年間消臭剤でごまかしましたが、最終的に匂いがやばいことになりました。
説明書を見たら私の使用しているヘルメット(アライのV-CROSS4)は丸洗いが出来るとのこと。


流石に丸洗いまではしませんが、洗濯できるパッドカバー類は洗濯機へ。頬パッドも洗濯用の中性洗剤で手洗いします。
去年の私の経験では、カバー類だけでなく頬パッドを洗濯することで臭いは劇的に減ります。

 


ついでにゴーグルも綺麗にしておきます。顔に当たるスポンジ部分が汗でべっしょりだったので。
注意書きには「レンズを痛める恐れがあるので洗剤は使用しないでください。」と書いてあるので、レンズは先に取り外してしまいます。


レンズを外した本体は、頬パッドと一緒に洗濯用中性洗剤で洗います。洗ってイイかどうかは説明書きにないので、自己責任です。

f:id:hasemura:20180723211448j:plain


レンズは流水で流した後に、眼鏡用の洗剤で洗います。こちらも説明書ガン無視になるので自己責任です。オナシャス。

f:id:hasemura:20180723211431j:plain


毎回ここまで洗濯をしている訳ではないですが、流れるほどの汗をかいた後はなるべく洗いたいものです。これも夏に走りたくない要因の一つになります。
昔と変わって夏より冬が楽しみになって暫くたちますが、これは年齢……というよりも趣味のせいですね。冬のほうがやることが多い気がします。


とはいっても夏にする方が楽しいこともありますので、なるべく無為に過ごさないようにしたい所です。


皆さんのお役に立てば何よりです。
それでは、また。